IT & Software

PythonによるGISデータの分析と可視化

What you’ll learn

  • Pythonの基本
  • GISデータについての基本
  • シェープファイルやGeoJSONの読み込みと可視化
  • GeoPandasの使い方
  • FoliumによるOpenStreetMap上のプロット
  • Plotlyによる可視化
  • OSMnx
  • Dockerによる分析環境構築

Requirements

  • Pythonで少しプログラミングをしたことがある

Description

PythonによるGISデータの分析と可視化. このコースはPythonでさまざまなGISデータを扱い、可視化できるようになるためのコースです。

最近は膨大なGIS(地理情報システム)データが企業に蓄積されており、それを使ったビジネスが注目されています。

データ分析にはPythonを使うことが多いですから、GISデータもPythonを使って扱うことができれば、そのスキルはとても重宝するかと思います。

GISデータの分析には無料のQGISや有償のArcGISなどが有名ですが、Pythonでも便利なライブラリが揃っているので、十分に分析を行うことができます。

本コースで学ぶことは?

  • GISの基礎
  • Pythonの基礎
  • Dockerによる環境構築
  • GeoPandas
  • Shapely
  • Folium
  • OSMnx
  • Plotly

本コースの受講対象となる方

  • Pythonのプログラミング経験が少しある人
  • Pandasを使った経験がある人
  • Dockerを使ってみたい人
  • 位置情報データの分析をする必要がある人
  • データ分析の幅を広げたい人

本コースの特徴

  • GISデータハンドリングに関するライブラリの紹介はもちろん、オープンデータを使った練習を多数用意していますので、自分で手を動かして学ぶことができます
  • Dockerを使った環境構築 → 最近は分析環境の構築にDockerを用いることが多いので、本コースでもDockerで環境構築を行います

本コースは合計6時間程度のコースとなっております。

もちろん全て受講していただきたいですが、もし時間がない方はGeoPandasとShapely(できればFoliumも)だけでも受けていただければ、GISデータの扱いを楽しめるようになるかと思います。

皆さんの役に立つコースになれば幸いです。

Who this course is for:

  • データサイエンスに興味ある人
  • GISデータをPythonで扱いたい人
  • GISデータが何か学びたい人
  • GIS, 地理データを仕事で扱う必要がでてきた人
  • データ分析者

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button

AdBlocks

Turn off the ad blocker