Development

C#のWPFでXAMLを書く方法

What you’ll learn

  • C#でのWPFのプログラミング方法
  • XAMLが書けるようになる
  • C#でSQLiteに接続してデータを表示する方法
  • 画面コントロールの使い方がわかる

Requirements

  • C#やVBでのWindowsFormsプログラミングの経験があったほうが理解しやすい

Description

C#のWPFでXAMLを書く方法. この動画はC#でWindowsFormsプログラミングしかやったことのない方や,

C#プログラミングの初心者向けに,WPFの書き方,XAMLの書き方について解説しており,

最速でWPFでSQLiteとつないで画面にデータを表示する方法を解説している動画です。

コースの序盤でそこまで解説し,中盤以降では各コントロールの使い方と書き方を解説しています。

今回MVVMに関しては記載していません。

この内容については次回以降に1つのテーマとして取り上げて,解説していきたいと思っています。

WPFに関して,無茶苦茶深いレベルまで解説しているコースではありません。

このコースはWindowsFormsプログラマーやVBプログラマーのような方が,

初めてWPFやXAMLに触れた時の不安や,やり辛さを少しでも軽減するために,

WPF&XAMLになれるために適したコースです。

ちなみにXAMLとはWPFをするためにUIをデザインするためのXMLみたいなコードの事です。

XAMLはWPFだけでなく,Windows10以降で動作するUWPや

AndroidやiPhone開発ができるXamarin.Formsで使われている言語です。

スマホ社会の今,今後C#でプログラミングをするうえで,避けて通れないのがXAMLです。

それをここで慣れておきましょう。デスクトップアプリ開発をするなら今でもWPFがファーストチョイスとなります。

目次

#1 WPFプロジェクトの作成

#2 StackPanel

#3 Grid

#4 コントロールの名前の付け方

#5 イベント

#6 StaticResource

#7 コントロールのスタイル定義

#8 グループごとのコントロールのスタイル定義の方法

#9 SQLiteの使い方

#10 ListView

#11 ListViewのフィルタリング

#12 SQLite&ListView

#13 ボタン

#14 CheckBox

#15 RadioButton

#16 Expander

#17 GroupBox(グループボックス)

#18 Slider(スライダー)

#19 ProgressBar(プログレスバー)

#20 ComboBox(コンボボックス)

#21 ListBox(リストボックス)

#22 TabControl(タブコントロール)

#23 TreeView

#24 Textについて(TextBlock,TextBox)

#25 Menu

#26 ToolBar

#27 StatusBar

#28  WrapPanel

#29 DockPanel

#30 Canvas

ボーナスレクチャーでは全レクチャーのソースコードをダウンロードできます。

Who this course is for:

  • C#でWPFをこれから学びたい方
  • C#初心者
  • C#でのWindowsFormsプログラミングしか経験のない方
  • XAMLを学びたい方

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button

AdBlocks

Turn off the ad blocker