Development

AWSで学ぶ!Dockerコンテナ・CI/CDパイプライン入門

What you’ll learn

  • コンテナの概要と既存環境との違い、メリデメ、コンテナとオーケストレーション技術との関わりについて自分の言葉で説明できるようになる
  • CI/CDの概要と既存プロセスとの違い、メリデメについて自分の言葉で説明できるようになる
  • Dockerコマンドを使用し自力でコンテナイメージの作成、コンテナ環境構築ができるようになる
  • AWS各種サービス(AWS Code Pipeline、Amazon ECS等)を使用し自力でCI/CDパイプライン、Blue/Greenデプロイメント環境構築ができるようになる

Requirements

  • LinuxOS、ネットワークの基礎知識があれば尚可(なくても十分受講可能なレベルです)

Description

<コースの概要> AWSで学ぶ!Dockerコンテナ・CI/CDパイプライン入門

本コースは前半の理論編でコンテナ、CI/CDの概要をご理解いただいた後、

後半の実践編でAWS上の環境を使用して数多くのハンズオンを実施することで、より理解が深まる構成となっております。

ハンズオンではAmazon ECSやAWS Code Pipeline等のサービスを通じて、Dockerコンテナ作成コンテナ自動復旧の方法

CI/CDパイプライン構築方法Blue/Greenデプロイメントの概念を実践的に学ぶことができます。

<他教材との違い>

本コースと他教材(書籍やYoutube動画教材等)との違いは以下の通りです。

・1本完結型コースであるためご自身でネット検索やマニュアル確認等を行う手間がかからない

 (例えば、AWSハンズオンを行うためのアカウント作成手順や、Blue/Greenデプロイの仕組み等全て込みのため

 改めて自分で検索することなくご受講できます。)

・なぜコンテナが、なぜCI/CDパイプラインが必要なのか、なぜその手順で設定するのか等、

 解説する技術や手順一つとってもその理由や背景を詳細に説明しているため途中で止まらずに受講できる

・全レクチャー動画ダウンロード可能なため、場所を問わずどこからでも受講できる

<コース受講後の姿>

本コース受講後には以下のスキルを自然と身に付けることができます。

・コンテナの概要と既存環境との違い、メリデメ、コンテナとオーケストレーション技術との関わりについて

 自分の言葉で説明できるようになる

・CI/CDの概要と既存プロセスとの違い、メリデメについて自分の言葉で説明できるようになる

・Dockerコマンドを使用し自力でコンテナイメージの作成、コンテナ環境構築ができるようになる

・AWS各種サービス(AWS Code Pipeline、Amazon ECS等)を使用し自力でCI/CDパイプライン、

 Blue/Greenデプロイメント環境構築ができるようになる

<コースの内容>

本コースの内容は以下の通りです。

コース概要

  • 本コース受講にあたって
  • 自己紹介
  • 本コースのねらい
  • 本コースの内容

コンテナ概要

  • システム開発・リリースの課題
  • コンテナの特徴
  • Docker概要
  • Dockerの運用

CI/CD概要

  • システム開発・リリースの課題
  • CI・CDの特徴
  • CI・CDのメリット・デメリット

AWSアカウント作成

  • AWS アカウントの作成
  • ハンズオン用IAMユーザの作成

コンテナ構築ハンズオン

  • AWSサービス紹介-コンテナ編-
  • コンテナ環境構成
  • コンテナイメージ作成のためのCloud9環境構築
  • コンテナイメージの作成と動作確認
  • コンテナ環境へのリモートログインと動作確認
  • コンテナイメージのECR登録
  • ECS環境構築-ECSの構成理解-
  • ECS環境構築-VPC作成-
  • ECS環境構築-クラスター・タスク定義作成-
  • ECS環境構築-サービス作成-
  • コンテナ動作確認その1-隔離性・可搬性・機動性の確認-
  • コンテナ動作確認その2-オーケストレーション(自動復旧)の確認-
  • コンテナ動作確認その3-オーケストレーション(スケールアウト)の確認-

CI/CD構築ハンズオン

  • AWSサービス紹介-CI・CD編-
  • CI・CD環境構成
  • 事前準備その1-CodeCommitリポジトリ作成-
  • 事前準備その2-ビルド定義・デプロイ定義・タスク定義作成-
  • 事前準備その3-CodeBuild、CodeDeploy用IAMサービスロール作成-
  • 事前準備その4-Blue・Greenデプロイ用サービス作成-
  • CodePipeline作成-ソースステージ編-
  • CodePipeline作成-ビルドステージ編-
  • CodePipeline作成-デプロイステージ編-
  • CI・CD初回実行確認
  • CI・CD動作確認その1-CI・CD自動デプロイメントの確認ー
  • CI・CD動作確認その2-オーケストレーション(Blue・Greenデプロイメント)の確認-

AWS構築環境削除

  • 削除対象リソースの確認
  • 削除対象リソースの削除

今後の学習について

  • 今後の学習について

ボーナスレクチャー

  • ボーナスレクチャー

Who this course is for:

  • Dockerコンテナ・CI/CDという言葉は聞いたことがあり、なんとなくの概要は知っているが、実現方法となると少し自信が無いエンジニアの方

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button

AdBlocks

Turn off the ad blocker