Office Productivity

独学で身につけるPython〜応用編〜【業務効率化・自動化で残業を無くそう!】

What you’ll learn

  • Pythonの各種ライブラリを使った業務効率化・自動化手法
  • 知識を定着させるためのオリジナル演習課題
  • RPAの実装(使用ライブラリ:pyautogui)
  • PDFの分割・結合・回転・テキストデータ抽出(使用ライブラリ:PyPDF2、pdfminer. six)
  • デスクトップアプリの作成(使用ライブラリ:tkinter)
  • Slack・Teams・Gmail・Outlookでのメッセージやメールの自動送信(使用ライブラリ:slackweb、pymsteams、smtplib、email)

Requirements

  • 前作のコース「基礎編」を受講済みの方:特に前提条件はございませんので安心してご受講ください。
  • 前作のコース「基礎編」を未受講の方:下記2点を満たしていれば問題なくご受講いただけます。
  • ①Pythonの実行環境を構築済み(Pythonとjupyter notebookもしくはjupyter lab)
  • ②Pythonの基礎を習得済み(数値・文字列・変数・リスト・if文・for文・ライブラリといった基本的な文法)
  • ハンズオンでプログラミングをしますのでPCでご受講ください。
  • Macの場合は、本コースで取り扱う関数の内ごく一部のみ正常に機能しない可能性がありますが、受講にあたって大きな支障はありません。

Description

独学で身につけるPython〜応用編〜【業務効率化・自動化で残業を無くそう!】. 「Pythonの基礎は習得したが実際の業務への活用方法が分からない」

「次の勉強テーマを探している」

「もっといろんな業務効率化・自動化手法を身につけたい」

そんなあなたにオススメのコースです。

Pythonの様々なライブラリを活用し、

・PDFファイルを分割,結合,回転させる方法、PDFファイルからテキストデータを抽出する方法

・RPAツールの導入にお金をかけずとも、PythonでRPAを実現する方法

・デスクトップアプリを作成して、定型業務を自動化する方法

・SlackとTeamsでメッセージを自動投稿する方法

・GmailとOutlookでメールを自動送信する方法

について、実務をイメージしたオリジナルの演習課題も交えつつ、実践的に学びます。

(本コースで取り扱うライブラリの一覧を下記にまとめます。

PyPDF2、pdfminer.six、glob、natsort、puautogui、pyperclip、time、pyinstaller、tkinter、openpyxl、datetime、slackweb、pymsteams、smtplib、email)

バックオフィスでよくある業務をテーマにコースを構成しましたので、皆様の実務で実際に使えるスキルが身につけられます。

プログラミング学習はどうしてもインプット偏重になりがちです。基礎の勉強ばかりしてできた気になっていたけれど、自分の業務へ活用しようとすると途端に何をどうしたらいいか分からない、という方は本当に多くいらっしゃいます。

自分の役に立つプログラムが自分の手で作れて初めて、本当の意味でプログラミングの面白さを感じられますし、プログラミング力が身についたと言えます。

是非この講座で色々な武器(ライブラリ)を習得して、実際の業務に活用してみて下さい。

ちなみに前作のコースが基礎編でしたので今作は応用編というコース名にしてはおりますが、難易度としては初級+α程度ですので、是非お気軽にご受講ください!

それでは、コースでお会いできることを楽しみにしております。

Who this course is for:

  • Pythonの基礎を習得済みの方
  • 基礎習得後の新たな勉強テーマが欲しい方
  • さらなる業務効率化・自動化手法を身につけたい方
  • DXの必要性を感じている方
  • 残業を無くしたい方
  • 今の業務にやりがいが無い方
  • PDF操作を自動化したい方
  • 無料でRPAをしたい方
  • デスクトップアプリを作成したい方
  • チャットやメールを自動送信したい方

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button

AdBlocks

Turn off the ad blocker