Teaching & Academics

大学生・院生のための論文作成 ~考察を組み立てる要素の抽出と整理~ 高評価される考察スキルを テンプレートでサクッと修得

What you’ll learn

  • 考察の基礎知識から学びます
  • オリジナルテンプレートを使い、どんな研究テーマでも考察の要素を抽出し、整理できるようになります
  • 考察を中心とした研究のコツなど実践的な方法を身に着けます
  • 文章術や表現ではなく、しっかりした内容にするための要素抽出とその整理ができるようになります
  • あなたの研究の良いところを最大限引き出します
  • テンプレートを使っていくことで、考える「型」を身につけることができます
  • 考察から結論を出すために、どんなステップを踏めばいいかわかります
  • テンプレートを使って見える化するので、考察を深めることができます
  • 研究が苦手と感じている人が「おもしろそう」と感じることができます
  • 学生時代にきちんと「考察」について考えたり、理解できていなかったけど、社会人になって改めて「考察」について学ぶこともできます

Requirements

  • インターネット環境(動画の閲覧と資料のダウンロード)
  • pdf資料の印刷ができればベター

Description

大学生・院生のための論文作成 ~考察を組み立てる要素の抽出と整理~ 高評価される考察スキルを テンプレートでサクッと修得 Udemyの「おすすめ」504件中6位、「最高評価」113件中5位を獲得しました。これもスキルアップ意識と学ぶ意欲の高い受講生の皆様のおかげです。改めましてお礼申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。(2022年8月29日追記)

————————

もしあなたが考察に苦しんでいるとしたら、

考察を書き出すことができていないのなら、

知識ではなく考察スキルがないのが原因かもしれません。

「考察(Discussion)」するのに必要なのは知識だと思っていませんか?

考察スキル(考察するための技術)」がなければ、

知識をいくら詰め込んでも正しい考察をできるようにはなりません。

考察スキル(考察するための技術)」がなければ、

どれだけ素晴らしいデータを取っても、どれだけ苦労して統計解析しても、

読者に納得してもらえる考察にはなりません。

考察の内容が偏っていて、

漏れや抜け、重複を指摘されることもあるかもしれません。

この講座は、科学的に考察するスキルを身につけるための講座です。

科学的スキルなので文系・理系や分野に関係なく、

全ての分野に応用できるように作られているのが特徴です。

講座でも詳しく説明していますが、

科学=理数科目ではありません。

「科学」の目的は

「世の中の仕組みを解き明かすこと」と私は定義しています。

(より実践的な定義は講座内で説明しています)

ですから、「人文科学」や「社会科学」という分野がある通り、

文系の分野も科学です。

————————

この講座では、

大学や大学院の卒業論文修士論文などで、

考察に何を書けばよいのかについて

オリジナルのテンプレートを使用して体系的に学びます。

「考察(議論)する力」は社会人になってから

プレゼンや上司の説得に必要になります。

例えばロジカルシンキング(論理的思考)の基本的フレームワークの1つである、

MECE(ミーシー、ミッシー)では

漏れやダブリなく総合的に検討した上で、

結論として事業の方向性や施策を導く必要があります。

しかしながら、どうやって考察すればいいか、

学生時代にきちんと理解できていないまま

卒業してしまう方が多いのが実情です。

だから、この講座は社会人の方も多く学んでくださっています。

考察が書けないのは

「書き方がわからない」のではなく、

「どんな内容を書けば良いのかがわからない」

本質に気づけるセンスの良いあなたであれば、

スラスラと考察できるようになるでしょう。

———————————————————–

あなたは「論文の書き方」や「文章術」を学んだり、

知識をつければ考察ができると思っていませんか?

でも「論文の書き方」の本に書かれていない、

考察のキモになる部分は、

考察の内容です。

つまり、考察で何を書くのかが決まらなければ

いつまで経っても書けないし、

評価されない、中身のない論文になります。

これは、考察に書く要素が足りなかったり、

これらの要素がバラバラでまとまっていないことが原因です。

むやみに論文を読んだり真似しようとしても、

論文を書けるようにはならないのです。

あなたの論文はあなただけのオリジナルなものだからです。

正直に言います、

私も論文が書けない、そんな一人でした。

だから、この講座は論文が書けなかった過去の自分にもわかる講座を目指しました。

当時の私は、

藁(ワラ)にもすがる思いで

論文の書き方の本を探して、

片っ端から読み漁りました。

毎日、修士論文のことで悩み、もがき苦しみました。

大学から10分の下宿先に帰宅する時間も惜しんで、

2日に1回、入浴と3時間の睡眠のためにだけに帰宅する日々。

この年は研究室で年を越し、正月も全くありませんでした。

それでも、修論の原稿には、

大幅な改定が必要」といつもいつも書かれ、

いつになったら完成できるのか全くわからない、不安な毎日を過ごしていました。

私と同じように苦しくて不安な毎日を過ごしている学生さんも多いのではないでしょうか?

だから、

この講座に興味を持ってくださったあなたのことは

他人事とは思えません。

こんな私でも、今では

知識ゼロからたった2日で完成させ、

業界や専門家から評価された論文を書けています。

その理由は強力な武器を手に入れたからです。

博士課程で論文を読みまくったおかげで

博士課程の後半で頭の中でぼんやりとですが、

良い論文や論文を早く書ける人の考察の書き方の共通点が見えてきました。

その後、専門学校や大学院で学生に卒論や修論を指導・アドバイスするうちに

どんな学生でも考察が書けるために必要なポイントが明確化してきました。

これらのポイントを形にしたものが、

今回初めて公開する「生きもの研式考察曼荼羅テンプレート」。

このオリジナルテンプレを使うと、

あなたの研究結果の価値を最大限まで引き上げる考察

サクッと書けるようになります。

この講座では、どなたでも考察の実際の課程がわかるように

実際の研究事例を使って、このテンプレートに当てはめながら

詳しく解説しています。

扱っている研究例は、あえて私の専門分野ではなく、

誰もが理解できる内容(高校生の研究)を選んでいます。

もちろん、文系・理系も関係ありません。

これらの例を通して理解していただくことで、

内容が決まれば、論文は案外あっさり書くことができる

のがわかっていただけるはずです。

このテンプレの特徴は、

あなたの結果から考察で書くべき内容を抽出し、

整理しながら結論を出せるようになることです。

専門学校生に卒業研究を教えていたときにも

このテンプレを使って指導していましたし、

受賞の実績もあるテンプレートです。

このテンプレートを使って指導した先生も

受賞されています。

■この講座の内容■

この講座では、

「科学」や「考察」のような

基礎的な言葉の意味や知識から学びます。

そして、基礎的な(=応用の幅が広い)ことから学ぶので、

どんな分野・テーマの研究でも(文系・理系関係なく)

正しい考察ができる実践的な内容まで体系的に修得できます。

ですから、初めて論文を書く人から、修士論文などを書く人まで

幅広くカバーしています。

博士論文を書く人にとっても参考になるでしょう。

実際、私はこの考察法を博士論文を書くときに完成させ、

無事に博士号を取得しました。

もしあなたが、

  • 考察に何を書いたら良いかイメージすらできていなくて、書ける気がしない
  • 「考察」とは”考えて察すること” “研究のまとめ”だと思っている
  • 卒論が、考察のない報告文になってしまいそう
  • 考察と結果の違いがわからない
  • そのテーマの知識がないと考察できないと思っている
  • 論文作成マニュアル本で挫折した、ネットの細切れの情報だけでは書けるようにならなかった
  • ワクワクしながら研究に取り組みたい

これらのどれか1つでも該当するのであれば、

ぜひこの講座を受講してみてください。

ほとんどの人が知らない「考察」の正しい理解をするところから、

オリジナルテンプレートで考察に書くべき内容をあぶり出して、整理し、

そして、考察するときのポイントやコツまで、細かく丁寧に解説しています。

講義の合計時間はおよそ4時間半

大学の講義3コマ分です。

「考察」だけに絞った内容で

これだけ丁寧に詳しく解説している講義は

おそらく世界中どこにもないのではないかと自負しています。

なぜなら論文が書けなかった過去の自分にもわかる講座にしたかったからです。

■受講生からの評価■

  • 「基礎から全般的に理解でき、頭がスッキリした」
  • 苦手と感じていたが、「おもしろそう」と感じることができた
  • 「目からウロコの情報が満載だった」

といった評価をいただいています。

■資料がダウンロードできます■

ダウンロードいただける資料もお付けしています。

もちろん、テンプレートもダウンロードできます。

それぞれの資料を使用するレクチャーにある

リソース」からダウンロードしてください。

■学びやすさも重視■

論文作成で忙しいあなたのために

それぞれのレクチャーを数分程度にしています。

ちょっとしたスキマ時間に学ぶのも良し、

もちろん、ガッツリ学ぶのも良し。

苦手なところを繰り返し学びやすいのもメリットです。

■サポートも充実■

もしわからないところや

もっと詳しく知りたいことがあっても大丈夫。

いつでも質問していただくことができます。

■期間限定 価格■

スタート価格は9,600円でスタートし、

販売数が増えるにつれて10,000円、12,000円、15,000円と

価格変更してきました。

今後も販売数が増えると値上げしますので、お早めにどうぞ。

値上げ後も、差額の請求はありませんし、視聴制限などもありません。

それまで通り、すべて視聴できます。新しく追加された動画も視聴できます。

■安心の全額返金保証■

Udemyの講座は30日以内でしたら全額返金保証が付いていますので、

あなたにリスクはありません。

返金されるのは私にとってすごく残念なので

本当はこんなことをわざわざ書きたくないのが本音ですが、

講座の内容には自信と実績がありますし、

この講座に興味を持ってくださったあなたへの誠意として明記しました。

■考察できるようになるとどうなるか ~あなたが手に入れられる未来~■

この講座は、論文やレポートで最も重要である、どんな内容にするかを決めて、

整理できるようにはなりますが、

書き方(=表現方法や文章術)をレクチャーするものではありません。

それに、表現は正しく伝わるならあなたらしい表現がベストなので。

書き方を身につけるより、考察がしっかりできるようになるので、

あなたが本当の意味で「考える力」がつく講座です。

今、きちんと考察ができるようにしておくと、

就職活動に役立てたり、社会に出ても活躍できるようにもなります。

あなたが、これからの社会で求められる”人財”になるためにも、

あなたの研究が日本の未来を変えられると信じています。

考察の仕方は科学の世界で長年培われてきたものです。

流行り廃りのあるものではありません。

あなたが今、身につけておけば、

生涯ずっと役に立つと言っても過言ではありません。

やる必要性を感じ、

モチベーションが上がっている、

今やるのがベストタイミングです。

今ここで学んでおけば、

何を書いていいのか悩む時間や、

ネットで検索したり、本を調べる労力も省けるでしょう。

このチャンスを逃せば、

時間や労力を無駄にし、

内容の薄い卒論や修論が大学にずっと残ってしまい、

社会に出てからも後悔します。(私のことです(泣))

まだ、ほとんどの学生が修得していない今、

いち早く本質的な考える力を習得しておけば、

あなたの将来の仕事の質がアップし、

上司や顧客からの信頼も得られやすくなります。

あなたには自信を持って活躍し続けてほしい、そう思っています。

Who this course is for:

  • 今すぐ、ずっと役立つ考察スキルを身に着けたい大学生・大学院生
  • 卒論(卒業論文)や修論(修士論文)で考察をどうすればいいかわからない大学生・大学院生
  • 文章術やマニュアル本では論文が書けるようにならなかった大学生・大学院生
  • 考察は知識がないとできないと思っている大学生・大学院生
  • 考察に何を書いたら良いかピンときていない大学生・大学院生
  • 自分の研究をもっと良くしたいと考える大学生・大学院生
  • 研究成果を学会などで発表し、受賞したい大学生・大学院生
  • ワクワクしながら研究に取り組みたい大学生・大学院生
  • 考察の仕方をどう教えればいいか、ヒントやきっかけを知りたいと悩んでおられる大学教員や高校教員の皆様
  • 学生時代にきちんと「考察」について考えたり理解できていなかったけど、社会人になって改めて「考察」について学びたい方。実際に、社会人の方も多く受講していただいています。

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button

AdBlocks

Turn off the ad blocker