IT & Software

令和2年度 ITパスポート 8歳の子供を最年少合格に導いた講師の授業

What you’ll learn

  • ITパスポートで800点以上を取るための問題の考え方と解き方
  • ITパスポートに8歳で合格できた効率的な勉強方法
  • 知識ゼロから1人でITパスポートの勉強を始める方法
  • 令和2年度に出題された問題の用語の特徴と重要ポイント
  • 令和2年度に出題された問題の用語とイラストによるイメージ

Requirements

  • ITパスポートに合格をしたいという思いがあれば、知識ゼロからでも大丈夫です。実際に、知識ゼロの8歳でも合格をすることができています。

Description

令和2年度 ITパスポート 8歳の子供を最年少合格に導いた講師の授業. ITパスポート試験に合格をするために、過去問で出題される用語の特徴と重要ポイントを短時間で覚えましょう!

■本コースの特徴

1.試験で出題される用語を判断するための特徴と重要ポイントをまとめています。

2.用語1つの解説は、ほとんど30秒~2分程度でまとめているため、短い時間で繰り返し勉強をすることができます。

3.説明対象の用語すべてに、イラストがあるためイメージでも覚えることができます。

4.IoTといった略語を、Internet of Thingsといった用語で見られるよう、一覧にまとめてあります。

「令和2年度」の過去問で出題された用語を、すべてイラスト付きで解説しています。

例えば、問1に選択肢ア~エがあると思いますが、ア~エで出題された用語すべてが対象です。

その用語を判断するためのポイントを覚えられるので、試験で出題される文章から用語を判別することができます。

■2020年11月に8歳でITパスポートに合格して最年少記録を作った子供に教えた方法を公開しています

ITパスポート試験に合格するための勉強方法も含めて学習できるので、

IT知識ゼロの状態からでも、勉強を進めることができます。

IT知識に自信がない人でも、ITパスポート試験に合格するための説明をしていますので、

安心して受講をしていただけます。

ITパスポートに8歳で合格した最年少合格記録(2020年11月時点)を持つ小学生に教えた勉強方法なので、

年齢が高い人であれば、より短時間で合格を目指すことができます。

■ITパスポートの10歳以下の受験申込率が12%を超えています

2025年には、大学入試共通テストで情報の科目が出題される予定です。

プログラミング教育の義務化も始まり、IT用語や知識が今後必須になってくるでしょう。

中学生、小学生のお子様にITパスポートを取得させたいと思っている、

お父さん、お母さんは、用語の意味や漢字をサポートしていただければ、

年齢が若くても合格は十分可能です。

実際の試験では、過去問と全く同じ問題は、ほとんど出題されません。

用語のポイントや意味から回答を選択します。子供が動画を見る場合も、

あえて簡単な表現や言葉を使用していません。

目指すのは、あくまでも「合格」です。お子さんが受講する場合は、

漢字や用語の意味から教えてあげてくさい。

受験での解き方のコツや考え方もあわせて学習できますので、最後まで見てみてください。

■わかりづらい略称も単語と意味を覚えて印象づけましょう

「おわりに」のセクションに、令和2年度の用語一覧資料があります。

「IoT」といった省略されている用語のも「Internet of Things」のように全体が記載されています。

略称だけで覚えづらい人は、単語で覚えると覚えやすい人もいると思います。効率よく勉強して、合格を目指しましょう!

Who this course is for:

  • 知識ゼロからITパスポートの合格を目指している人。
  • IT用語を幅広く覚えたい人。
  • すきま時間を利用して学習したい人。
  • 全くITがわからない学生=高校生、中学生、小学生のお子様にITパスポートを取ってもらいたい保護者の方。
  • 社員にITパスポート試験を取ってもらいたいと思っている企業。
  • 効率的に勉強して早くITパスポートを取得したい人。

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button

AdBlocks

Turn off the ad blocker