Music

スペイン舞曲第5番「アンダルーサ(祈り)」ビデオとTAB譜で独学・独習!クラシックギター名曲

What you’ll learn

  • 左手のポジションを含む押さえ方が学べます
  • 五線譜が苦手な方はTAB譜やビデオを参考にすることが出来ます
  • 楽曲演奏に必要な音楽表現が学べます
  • 模範演奏により標準的な演奏が身につきます
  • 自然ハーモニクス・技巧ハーモニクス・ラスゲアード等の特殊技巧が学べます

Requirements

  • クラシックギターかアコースティックギターを持っていること

Description

スペイン舞曲第5番「アンダルーサ(祈り)」ビデオとTAB譜で独学・独習!クラシックギター名曲. エンリケ・グラナドス(1867-1916)は,1867年にスペインのカタルーニャ地方レリダに生まれたピアニストで作曲家で、

スペイン舞曲集 Op.37は全12曲から構成されていますが、このアンダルーサは第5番になります。

ホ短調の8分の6拍子。ギターの編曲により、この曲集の中最も名高い作品となりました。

ギター風の伴奏と、哀愁を帯びたメロディーが組み合わされています。

「アンダルーサ(祈り)」は作曲者ではなく、出版社が出版の際に付したとされています。

本講座はギターを演奏する人が誰もが一度は演奏したいこの作品を

完全にマスターするために必要な

演奏技巧の習得と音楽表現等を可能な限り網羅し、

さらに楽譜が苦手な方のために五線譜とTAB譜を採用し、

演奏アドバイスをビデオ収録致しました。

【本講座の概要】

セクション1レッスンビデオの構成と効率的な学習方法

セクション2スペイン舞曲第5番模範演奏

セクション3グラナドスの紹介

セクション4弦の爪弾き方・タッチの仕方・和音をずらして弾く他

セクション5自然ハーモニクスと枝巧ハーモニクスをマスターしよう!他

セクション6「左手」「右手」「楽譜」のビデオによる3分割画面スロービデオ

セクション7「スペイン舞曲第5番アンダルーサ」の演奏アドバイス

セクション8音楽表現の養い方

セクション9ボーナスレクチャー

この講座で「スペイン舞曲第5番(アンダルーサ)」を完全にあなたのものにしましょう!

Who this course is for:

  • ギターを初めて2年以上、またはセーハ(左手人最指で一度に複数弦を押さえる)が出来ること

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button

AdBlocks

Turn off the ad blocker